2019最初の作業

皆様あけましておめでとうございます。
昨年はブログをかけない一年間でした!!
反省しております。
日々の記録、大事ですよね。
特に私はやったことをすぐに忘れるので、忘備録としてもブログ大事だな~と痛感しております。

書けなかったけど写真だけ溜まっていったマルシェレポも、時間のある時にこっそり書いていきたいと思っています。

さて、新年最初の記事ですが。
とりあえず本日より仕事初めだったR-H。
年始からお仕事もいただき、デザイナーのナポリは3日からもう仕事をしておりましたが。
私、ryoがまずやったことは。

ワードプレスのダウングレード

でございます。
うっかり、5.0にしちゃったサイトが一個あったので…(>_<)

ダウングレード自体は、私たちにはそう難しい作業ではないです。
普段FTPを使っている人ならだれでも簡単にできます。
使いたい古いバージョンをここからダウンロードして、
wp-config.php
.htaccess
wp-contentフォルダ
以外を上書きしちゃえばOK。
他に自分でいろいろカスタマイズしている人はそこも消さないように気を付けて。

で、そんな作業できないよ!でもこのめちゃくちゃ使いにくいエディタだけでも自分でどうにかしたい!
という人には、これまた親切に、エディタを旧表示にしてくれるプラグインがあります。
classic editor
というプラグインです。
上のリンクからではなく、管理画面のプラグイン→新規追加から検索して入れてください。
後は「有効化」するだけです。

そもそも、4.9とか5.0って何?なんでドットが付いてるの?
と思っていらっしゃる方もいると思います。
実は、一番左の数字が変わるときは、仕様がガラッと変わるときなのです。
5.0になった後も、5.0.2のように左側の数字以外の部分に微妙に変化があると思うのですが、この場合は細かな修正が入ったことを意味します。
ただ、この大きな変化、小さな変化、の判断基準はその作り手によるので、結構大きな修正でも左側の数字部分が変わらなかったり、さほど変化がない気がしても左側の数字部分が変わったり、とそのあたりは曖昧です(笑)

まぁ、一つ言えることは、「左側の数字部分が変わるバージョンにアップグレードするときは、変更点を先にしっかり確認することが重要」ということですね!
後は、Wordpressの場合、アップグレードすると今まで使っていたプラグインが使えなくなる場合があります。
アップグレードした後プラグインに不具合が発生した場合は、ワードプレス自体をダウングレードするしかなくなってしまいますのでお気を付けください。

さてさて。
皆様のお正月はいかがだったでしょうか?
私は例年のごとく、肉を食べ、魚を食べ、もちを食べる毎日でした。
私の実家は喪中だったので、おせちもなく、普通にみんなでおでんを囲み。
でも、お正月におでんってありだな~と思ってしまいましたよ。
どこの炊き出し?ってくらいでっかい鍋で大量に作成されているのを見たときには驚きましたがw

昨年は皆様に支えられた一年でした。
ありがとうございました。
本年もよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA